医療レーザーによる脱毛の基礎知識と初めての時

脱毛をしようと考えたときに、基礎知識がないと不安ばかり感じてしまう傾向があります。きちんとした基礎知識を持つことで、初めての脱毛でも安心して受けることができます。
まず、医療レーザー脱毛とは、その名の通り、医療機関でレーザーを使って施術を行います。エステやサロンでは受けられないので、取り扱いのある皮膚科や美容外科で施術を受けることになります。施術の前には医師の診断があり、施術を行うのも医療の資格を持つスタッフなので安心です。

施術に使われるレーザーは、黒い色に反応するという特徴があります。そのため、お肌の上から照射すると皮膚にはほとんどダメージを与えずに、黒い毛に集中的に向って行きます。毛に到達したレーザーは、根元にある毛根を破壊することで毛が生えてこないようにします。毛根は破壊されてしまうと、二度と再生されないので、一度施術した毛穴はずっと毛がない状態になります。とても確実性のある施術方法ですが、人間の毛というのは生え変わりを繰り返しています。そのため、毛の生え変わりのサイクルに合わせて5~6回ほど施術を繰り返すことで、少しずつムダ毛は減っていきます。

初めて施術を受ける時は緊張してしまいますが、予約した日の1~2日前に自己処理するのを忘れないようにしましょう。自己処理はシェーバーで剃るようにして、抜くことは毛の生え変わりが乱れてしまうので禁止されています。黒い色に反応するというレーザーの特徴から、極端な日焼けは避けて、脱毛中は日焼け止めの使用や日傘などを使うようにしましょう。こうすることで、効率よく脱毛を進めることができます。施術が終わって、お肌に赤みが出てきたら、保冷剤などで冷やすと改善します。

この脱毛前の準備というのは、脱毛サロンで施術を受ける時も同じです。ただ、医療レーザーの場合は黒い色に反応するという性質からいつもより自己処理を丁寧にしないとやけどの可能性もあります。手の届かないところの処理は難しいのですが、脱毛サロンでは無料でシェービングをしてくれるところもあります。

医療レーザーに比べて肌へのダメージが少ないので、赤みが出るなど炎症を起こす可能性は低いです。施術後のことも考えて肌に優しい脱毛ならエステサロンがおすすめです。名古屋は脱毛サロンが密集しているので、シェービングサービスのある脱毛サロンもみつかるはずですよ。